発売日から二週間。

今日で四月も終わりですね。
前半はオラソワのカウントダウンを聞きながら過ぎてゆき、発売日を迎え、後半は皆様からのコンプ報告に励まされた月でした。

先の日記にも書きましたが、オラソワは全世界的な混乱の中で発売日を迎えました。
それでもささやかにお祝いがしたくて、ご近所の焼き菓子屋さんで文旦とレアチーズのタルトなど買ってみました。
白っぽいものが作品らしい気がしまして。

全力で面白いものを作った! と言えても発売日は逃亡したくなります。
ちなみにニルアドの時は海を見に行きました。
オラソワは温泉にでも行こうと目論んでいましたが流石に諦め、下ごしらえ食材をストックしながら4/16を迎えました。
ただ今回に関しては、物流や手に取って下さる皆様の状況のほうが心配でした。
色々な事情で通販が難しい方もいるでしょうし、かと言って外出を推奨したくはありません。
そんな中でコンプ報告が届いた時は心の黄泉に陽が射した気持ちでした、大袈裟ではなく。
ちゃんと届いたのだな、と。
パソコンの前で歓声を上げました。
以降のメールや拍手、ツイッターからのメッセージも全部大切に読ませていただいてます。
感想はいつでも最高に嬉しいのですけれども、今回はこういった状況なだけに一際沁みます。
お手に取って下さった皆様に、もう一度お礼申し上げます。
どうも有難うございました!!

シナリオ執筆にあたり、ディレクターの渡邉様とは数えきれない相談・検討を重ねました。
そしてゲームに組み上げる際も、様々な演出を凝らしていただきました。
ネタバレになるので詳細は控えますが、クリア後にオープニングムービーを見ると色々こめられていたのが分かると思います。
通常版のパッケージも素敵ですよね、発売前には敢えて触れずにおきました。
作中のエピソードに関しても、さとい様のキャラクターデザインから浮かんだものが幾つもあり、お二人の力なくしては書き上げることは出来なかった物語です。
 
 
最後に仕事情報です。
先日告知いたしましたが、5/8発売の『Sweet Princess』様にヒロイン+花婿六人の書き下ろしSSを掲載していただきました。
眩しい海辺での、眩しいひととき。
オラソワの世界を楽しんで下さった全ての方へ。
素敵な描き下ろしイラストが目印ですので是非お手にとってみて下さいね。

 
 
余談。
逃亡出来ず料理にいそしむ中、面白そうなものを見つけたので買ってみました。
おうち時間用に、皆様も如何ですか。
話には全く関係ありませんが、肉の塊がストックされていると精神も食生活も充実するので、お買い得品の豚バラブロックで作る塩漬け肉はおすすめです。

[ 発売日から二週間。 ]diary,仕事情報, , 2020/04/30 20:34