【あつ森】贋作・死菫城。

暑い日が続きますね。
毎年この時期は帰省しているのですが、流石に今年は躊躇され、仕事をしたりあつ森をしたりというお盆です。
そんなあつ森で、死菫城をイメージした造園が一段落つきましたのでご紹介します。

始まりは「滝を使った素敵なレイアウトをしたい!」です。
あつ森はアイテムを集めて飾るするだけでなく、土地に川や滝を造ることも出来ます。
その滝造りに、全力ではまりました。
土地の許すところにどんどん滝を造りたい。
何故、高さ制限があるのでしょう。
高い高い崖の上から落ちる瀑布を造れたらいいのに。
それに加え、オリエンタルの家具シリーズがとても素敵なのでそれを中心に造園したかったのもあります。
 
 
というわけで贋作・死菫城を御覧下さい。


©Nintendo
 
 
一階は食事処。
スペースの都合で椅子は二つしか置けませんでしたが、心の目で七つ・七人の姿を見て下さい。
もしくは年少組と、カメリアと一緒にアイスクリームでも楽しいですね。


©Nintendo
 
 
階段を上がると居室です。
友人の島にオリエンタルなベッドの赤が出てくれたので、早速お願いしました。


©Nintendo


©Nintendo

横にはちゃんとお風呂もあります。


©Nintendo
 
 
滝の上には彼岸花代わりの赤い菊。
この時期、花火を見るにはうってつけの場所です。


©Nintendo

その上を歩いていくと───


©Nintendo

唐突に南欧風リゾートが広がります。


©Nintendo

昼間も気に入っていますが、真骨頂はやはり夜。
うちの島のプールはこのカラー。
ムーディー過ぎる紫とピンクのライトを初めて見た時には何処に置くべきか困惑しましたが、この場所のためにあったのでしょう。
流石は私の島です。


©Nintendo


©Nintendo

これは朝焼け。
最早、死菫城とは何の関係もなく、旅に出たくとも出られない私の思いを反映した場所ですが、それもまたあつ森の楽しみ方でありましょう。
 
 
再び一階に降り、庭には大きな滝と池と桜、そして桃。


©Nintendo

海側は各種お風呂エリア。


©Nintendo


©Nintendo

色々な種類のお風呂を置いていますが、実は元ネタがあります。
制作中、死菫城の内部を相談していた時に「(地上も色々地域色があるので)多種多様なインテリアとお風呂だと面白いですよね」という話題になったのでした。
ただ背景の都合で他の部屋やお風呂は登場させられなかったので、その設定を今ここで使おう、と。
男子達みんなで露天風呂に浸かっていたら可愛いと思いませんか。
もちろん、時貞も笑顔で。

食事処も居室も、ゲーム内背景を模したというよりはイメージ重視で仕上げました。
なので「贋作」です。

この死菫城はこちらで紹介した海辺のカフェの上にあるので、これからまた造園を重ねて、一つのエリアに繋げようかなと目論んでいます。
そうして島の改造は続いていくのです。
本当は庭に桜をもう少し増やしたいのですが、さくらのえだは絶妙に場所をとりますね……。
屋外コーデは「かべがみ(かべかけ家具も含む)+床(ラグも含む)」が使えないというネックはあるのですが、滝や階段を組み込んで高低差を出したり、スペースをどんどん拡げられる面白さがあるので、私は室内コーデより屋外を考える方が好きです。
秋になったら島の反対側エリアは大正レトロ風味に造り込む予定。

 
 

マイデザインご紹介コーナー

今回も素敵なマイデザインをお借りしたので、この場でご紹介します。

[ 【あつ森】贋作・死菫城。 ]diary, 2020/08/11 00:28